大人の留学

確認済み!フィリピン留学で実際使える神クレジットカード2枚を紹介。

こんにちは、Akeです。みなさん、クレジットカード付帯保険って不安じゃないですか?例えば改めて加入する海外旅行保険だと、申し込みをして、保険証があって…と物理的にわかりやすいですが、クレジットカードの保険は特に手続きもないので何かあった時に本当に使えるのかどうか、なんて疑ったり。そこで今回は私がフィリピン留学(2019年8月〜2020年2月)に実際持って行って、確実に使えるカードの紹介(‼︎)と、あなたが入会予定の(または手持ちの)カードがフィリピン留学で使えるかどうかの確認方法について紹介したいと思います。

※ちなみに保険は大切です。私の経験では留学1ヶ月目〜にして6人のルームメートが病院送りになりました。(当時、私以外全員体調を崩しました。濃厚接触の上、換気の無い部屋だったので…)。慣れない土地で体調を崩し易く、誰に頼れば良いのかわからない…、そんな時に、お金や言葉の心配までしたく無いですよね。でも、同時に保険は適切に準備しないと、お金をドブに捨てるのと同じなので、あれば良いワケじゃありません。

女神さま

いざという時にカードが使えない!とならない様にするためのお話です。

【要確認】あなたのクレカに付いている海外旅行保険、本当に使えるの?

留学女子

クレジットカードに海外旅行保険が付いていると思ってたのに、いざ病院に行ったら使えずに医療費、サポート費など全額支払った話を聞きました!

女神さま

クレカの保険でこのような失敗はよくあります。

いざと言う時に困らないように、確認事項を見ていきましょうね。

保険の適用条件を確認しよう★

失敗しやすいポイントはこれ!

自動付帯と利用付帯の2種類がある

クレカの海外旅行保険は『自動付帯』『利用付帯』の2種類あり、『自動付帯』は海外に渡航したその日から自動的に保険適用され、『利用付帯』は旅行代金(交通機関)にクレジットカードを利用して初めて保険が適用されるモノ。利用付帯のクレジットカードを持っているだけでは保険が適用されません。どちらの条件で保険適用されるのか確認しましょう。

保険の適用期間はクレカによってまちまち

適応期間を確認しましょう。30日、60日、90日と保険適用期間はクレカによって違います。

保証内容も補償上限もクレカによって違う

クレカによって保証内容も保証上限額も違います。また、クレカの保証は独立した海外旅行保険と比べて保証額も少ないです。

行く国の医療状況から、クレカの保証で補えるか確認することが大切です。

不正利用時の補償はどうなるのか

クレカの犯罪に逢う可能性も海外では高まります。スキミングなど不正に利用された時の補償も確認します。

女神さま

以上が満たせて、あなたにとって十分な補償であれば、そのクレカの海外旅行保険は使えます!

確認方法

スキルアップ女子

クレカが使えるかの確認はどうすれば良いんだろう…?

女神さま

まずはお目当てのクレカ海外旅行保険付帯があるかを見ていきましょう。

スキルアップ女子

友達が、エポスカードの海外旅行保険が良いって言ってました!この保証内容を知りたいです!

①Googleで『カード名』『海外旅行保険』を検索

エポスカードを調べたければ、『エポスカード 海外旅行保険』と検索します。

検索1位に出てきました。これをクリックすると・・・

保険について写真や図表を使いシンプルにわかり易く説明されているので、このページで保険の概要がわかります。

自動付帯or利用付帯保険期間補償内容補償上限不正利用時の確認

『補償内容』を確認↓

エポスカードは自動付帯、最長90日間補償、上記補償がわかりました。

不正利用時がわからないのでもう一度検索します。↓

Google検索『エポスカード』『不正利用時』

不正利用時の全額補償を確認しました。

【無料】海外旅行保険ご利用のしおり・海外旅行ハンドブックをGETしよう

必要事項が集約!トラブル時の処置もスムーズに

確認が取れたところで緊急連絡先、手続き方法、補償内容etc.が記載されている資料請求をします。手の平サイズなので、必ず旅行に持っていきましょう!

エポスカードの場合は同ベージ『資料請求』から電話で請求します。

★ちなみに資料は届くのに1ヶ月は掛かります。留学を考えている時点でクレカ関係は準備し始めた方が良いです。カード作成から始める方は『クレカ作成1ヶ月』プラス『ハンドブック請求1ヶ月』計2ヶ月、留学前に準備しましょう。

私はすでにフィリピンに留学していたので、家族に転送してもらいました。

各種情報は調べれば探し出すこともできますが、海外ではネットが使えるかどうかわからないので、ハンドブックを必ず携行するようにするのがオススメです。

解らない、イメージが湧かない場合はサポートセンターに聞く

スキルアップ女子

Q1どの病院でもキャッシュレス決済ができるの?

Q2病気や怪我をした時、具体的にどうしたら良いの?

私はこの質問をエポスVISAカードのサポートセンターに問い合わせたところ、

エポスサポート

A1 VISAカードが使える病院はキャッシュレス決済ができます。

A2 サポートセンターに連絡すれば、その後の行動を手配されます。

との事でした。セブ留学を実際して、見たり聞いたり経験したりで分かったのは『とりあえずトラブル時はサポートセンター』だな、と。

フィリピンには『ジャパニーズヘルプデスク』と言うポピュラーな窓口があって、そちら経由でサポート受けてる人も多かったですが、クレカの保険の場合はそのジャパニーズヘルプデスクにクレカのサポートセンターへ連絡する様促されます。

【その他】

国際電話の掛け方を掌握する

カスタマーサポートには国際電話になります。留学先の学校に電話がありますのでそれを利用するか、自分の携帯を利用するかになります。私はLINE Outで国際電話をかけました。

入院準備を持っていく

病院に掛かる時は入院準備を持っていきましょう。フィリピンでは風邪くらいでも入院です。(日本人は良い金づるなんだろうなぁと思っています。)

留学に使える神カード2枚を紹介★

さて、ここまで読んでいただいて、私が何を神カードとしているかわかると思います!

1位、エポスカード

エポスカードはフィリピン留学するなら必ず一枚は持つべきAkeオススメのクレカです。

エポスカードは年会費無料なのに他のクレカと比べて治療費用MAX300万円とクレカ保険では最大で、フィリピンは比較的医療費が安いので、エポスカードの保険で十分カバー出来ます。自動付帯で、持っていくだけで安心。

エポスカードは保険を使いやすい!

そして、エポスカード会員のWEBサイト、エポスNetでわかりやすく海外旅行保険の案内をしています。イザという時の連絡先、適用条件、具体的にどのようなケースが保証されるかなど、私が調べた中で一番わかりやすく、いざという時に使いやすいです。私は断然エポスカードをオススメします。

(エポスカードの入会案内はこちら)

2位、Mi CARD(エムアイカード)プラスゴールド

こちらは年会費11000円、利用付帯のMi Card(エムアイカード)プラスゴールドです。国内・外の旅行保険が付いて、治療費用MAX300万円

クレカの保険は保証を数枚のクレカと掛け合わせることが出来るので、エポスカードと合わせて合計600万まで医療費保険を掛けられます。タイミングをずらずことで300万円6ヶ月保証と言う形にも出来ます。

治療費用300万円はクレカ最大の保証金額です。この保証300万をもつ年会費無料のクレカは限りがあります。Mi Cardプラスゴールドは年会費11000円を払っても十分に元が取れるので入会し、保証300万のを掛け合わせて補償額を実質引き上げる作戦で保険費用を節約しました。

このカードは保障は良いんですが、海外旅行保障について親切な案内がない。規約を熟読しなければならないので、利用する場合は自分がしっかりしてないとダメです。

(治療費用300万円のMi Card(エムアイカード)プラスゴールドの案内を見る)

※保証について、『死亡後遺障害』は気にしない。海外旅行保険は『治療費用』が重要。その場を乗り越えられれば良い。死亡保障は扶養してなかったら要らないもの、と考えています。

まとめ

いかがでしたか?すでに海外旅行保険が付いているクレカをお持ちの方は、セブ留学で使えるかどうか確認してみてくださいね。

まだクレジットカードを持ってない方は、紹介したフィリピン留学で使える激推し2枚は本当に良いですよ。3ヶ月の留学ならこの2枚のカードのコンビで決まりでしょう!

それではまた。