退職しました

退職して良かったこと11【後編】

退職して良かったこと11【前編】はこちら

6・行きたい所に自由に行ける

退職後にフィリピン、台湾、韓国、アメリカ、と行きましたが、行きたいところに自由に行けるってサイコーです!

パスポート一つで、海外へ行ける!

以前の職場は海外行く時は日程の調整のみならず行く場所も許可が必要で、更に許可申請して国によっては1ヶ月以上とかかかります。休暇だって勤務の調整で実質の休みが直前にならないと決まらないので、絶対許可が降りる・申請したら直ぐ許可が降りる、とわかった国しか行けませんでした。頑張ったら行けますよ、他のある程度の国も。しかし、規則調べたり、正当な理由を説明したり、安全性を説明したり、能動的に『この日に休暇欲しい』と主張したり、とにかく疲れる。在職中に一度フィリピンに行った時は大変でしたね…

後、海外行く為に色々申請していると「休暇ばっかり(仕事より)頑張ってると思われる」って言う後ろめたさを感じていました。よく『金あるね〜』とか言われるし。休暇に許可とって何処へ行こうが、お金を何に使おうが、それは当然の権利なんですけど、そう言う空気があった、もしくは私がそう感じていました。

そして、退職後は私のパスポートは一気にスタンプだらけになりました!笑

新しい友人、一期一会の人々、文化や環境の違いや、ショックな程の現実…!日本と比べて信じられないほどのスピード感で新しい情報が入ります。

7・やりたいことが自由にやれる

在職中は副業禁止だったので、週末は勉強と本屋と飲みっだけて感じでした。色々やりたいと思っても、『仕事上無理だな』と直ぐ諦めてました。でも退職した今はこのブログ、YouTube、ツイッターとか自由にできます。LINEスタンプを作ったり。

正直、これら全て収益化への道のりは険しいので、収益化の心配なんてしなくて良いんですが、取らぬ狸の皮算用、最初から収益化出来ないと分かっていると、やる気が削がれるんですよね。規則上、許可をとって秘密を守れば別にやっても良い(不動産経営や寺や神社と同様?)らしいんですが、許可とってなかったら罰せられてる様子。ゲーム実況の動画で稼いでいた同僚がチャンネル閉鎖させられていたのを聞いたりすると…絶望しました。

8・言い訳しなくなる

記事の端々に出てくるワード『仕事上無理だな』。そう思って、私は様々な事を諦めていました。

しかし、実はそう言って『行動しない言い訳にしていた』自分もいる事を知っています。

行動をおこすにはエネルギーが必要で、それが面倒で言い訳して行動しない。それが以前の私です。

退職して、なんでも自分で決められるようになった事で、言い訳しようがなくなりました笑。

全て私が決めた結果なんだな、と納得できます。

9・生活力がつく

これは、限られた人になると思いますが、前の職場は衣食住全て準備されており、ご飯は三食準備されてるし、寮・光熱費は無料(厳密には違う)、寮の管理もしてもらえてるし、税金や年金、お金のことも管理されていたので、手取りのお給料は全てお小遣いにしても何も問題ない生活でした。

そして、私はその職につくまで実家暮らし・扶養されていたので、生活力はありませんでした。役所の手続きとか、理解してなくてもなんとかしてくれてたし!源泉徴収って何?みたいな。

しかし一人暮らしをすると全て自分でしなければならないので、圧倒的に遅いのですが、一つずつ理解してやってます。理解しながらってのが良いですね。今までは誰かがやってくれていたので。

幸い家事に関しては得意なようで、好きなものを食べられるし、プライベートゾーンが確保できるしで自分で管理できることで状況は好転しました。

10・人生の可能性を見直すきっかけになる

ひたすらに働いていた時は、定年までのレールに自動的に乗っていたので、考えることは職場でいかに自己実現するか、ということでした。

しかし、退職を考えた時から、死ぬまでのスパンで考えるようになりました。

例えば、退職前に考えていたのが『仕事を継続したとして得られるお金、人間関係。それが私の全ての人生だったら幸せか?』ということでした。答えは『いいえ』だったので辞めたんですけど。

その後退職してみて、当初の予定通りのこと、予定外の出来事、興味の変化などなどあり、まだ模索しているところですが、退職しなければ自分の人生をこんなに考えることは無かった。私は考えたい性格なので、気づいてよかったです。

11・”仕事は辛いから仕事”…じゃない!

前職は『辛いことを耐えたご褒美としてのお給料』というものでしたが、冷静に周りを見渡せば、『自分が苦じゃない事をして、周りも喜んでもらえる事』をしてる人もいるじゃないか‼︎という事に気づきました。

実行人が苦労しようがしまいが、人が喜ぶ事が仕事なんだな!

という事に気づきました。

全然食べていける程ではないけれど、ちまちまど私の絵にお金を払ってくれる人もいます。これって、何かのヒントだ…!

結論・辞めて良かった!笑

みなさん退職してよかったこと11【前編】【後編】いかがでしたか?

退職して1年の私の結論は『辞めてよかった!』です。

私の周りでも、退職に関してモヤモヤしてる人が多いですが、『辞めればいいじゃん』って思います。

以下、辞めた方がいい職場

  • 『死にたい』と思ってしまう
  • 私には『仕事しかない』と思う
  • 時間を無駄に『消費』していると思う
  • 仕事のせいで自由がない
  • 辛い

全て主観でOKです。

私は実際退職して外側から見ることで、前職の良いところ悪いところが見えてきました。組織で働くことで社会性や一般的な感覚など仕事で得られたことはすごく多いのですが、職場での環境に在職中は生きづらさを感じ、退職後はやはり馴染めてなかった、ということもわかりました。

その職場がいいのかどうか、辞めないとわかりません。

退職が必ず正解とも限りません。

しかし、行動しなければ状況は変わりません。

私自身、前職を退職してよかったけど、それ以降は自分次第です。それでも、良かったと思います。

それではまた!

リンク・退職して後悔したこと8選