DL同人の始め方

DL同人の始め方!DLsiteやFANZAでマンガ(同人誌)を売ってみよう!

 こんにちは!BL同人原稿中のももかんです。

今日は
『自分で描いたマンガをDL販売する方法』について!
いってみよー♪
※この記事は【同人誌】の文化をある程度わかっている人向けに書いています。

DL販売って何・・・?

 まず、DL販売のおさらいをすると、同人作品をデジタルデータ化して、電子書籍としてネットで販売することです。
データ販売なので、在庫切れの心配なく印刷費も掛かりません。そして場所も時間も関係ないので、24時間365日、全国のオタクたち(笑)に作品を届けることができます。

さて、本を販売するには、お店が必要ですね。
DL販売では、ネット上のお店に登録=商品がお店に並ぶことになります。
大手のお店ではDLsite.comやFANZA。この2つは非常に強力な集客能力があり、とてもおすすめです。これらのサイトに登録して、あなたの本をデジタル登録するか、郵送で送れば、DL販売開始となるわけです。

DL販売=自分の作品をデータで売ること

利用料・登録料無料!

DLsite.com、FANZAなどDL同人取扱各社は作品の登録、入会金、年会費が一切ナシ。初期コストが掛かりません。しかし売れたら手数料として20〜50パーセント掛かります。(各社手数料が違う)

『初期費用が掛からない』と言う点で圧倒的に参入障壁が低いのですが、(商品として)単価が数百円〜と安い上に、手数料が(作品価格にもよりますが)50%は掛かるので、商売としてDL同人をするならいっぱい売らなきゃですね・・・

利用・登録が無料!だけど収益が出たら、手数料が発生する

DL販売の準備をしよう

大体どこのDL販売サイトも似たような手順で登録・販売になります。
今回は私のメインの活動場所となっているDLsite.comさんで説明します。

販売までの流れ

  • サークルの登録
  • 作品の登録
  • 作品審査(DLsiteが実施)
  • 販売開始!(DLsiteが実施)

サークルの登録

作品がなくてもサークルは登録できるので、さっさとやってしまいましょう。(作品作った後でもいつでも良いのですが。)

準備するもの

  • サークル名
  • 住所氏名、電話番号
  • 収益の振込先・口座番号、口座名義
  • メールアドレス
  • マイナンバー

DLsite.comの『いますぐサークル登録』から、上記の必要事項を入力して登録。
『DLsite サークル登録』でググったら直でそのアイコンにたどり着きます笑。

いよいよ作品の登録をしていきます!

丹精込めて作った作品を売る為に、作品登録をしていきます!
一番緊張するトコですね〜・・・!

準備するもの

  • ○作品本体【jpgで書き出して、zipで圧縮しておく】
  • △紹介メイン画像(作品の表紙)【560×420px、jpg】
  • △サムネイル(作品のアイコン)【300×300px、jpg】
  • △サンプル(作品のチラ見せ)【jpgで10P以内】

作品本体は必須ですが、他はやりたかったらどうぞ、って感じです。
とはいえ、全部準備した方がいいですね。読み手は買わないと中身が見られないのだから、出来うる限り中身が想像できるヒント(保証)を提示してあげるのが親切です。
自分が買うときを思い返しても、絶対メイン画像とサンプルで決めますし。

データ形式は、こだわりがなければ全てjpgで良いと思います。
私は以前、クオリティーを追求するために別形式併用で登録したことがありますが、手間の割に効果ナシでした。jpgなら他のDL同人サイトすべてに対応しているし、書き出しはすべてjpg!ってしとけば管理もしやすいってもんです。

作品登録する

DLsiteの“アカウント”→“サークル管理”→“新規作品登録”をクリック。
順に入力して登録完了!

作品登録は簡単なのですが、登録作業で自分がちょこっと迷ったポイントなどを。

作品の修正の許可するかどうか

R18やバイオレンス表現がある作品に、モザイク等修正を管理会社側ですることを許可するかどうか、って項目。

作家は各々、自分でセンシティブな部分を修正しているのですが、不十分だった場合、修正を許可していなければ作品が審査落ちして修正のやり直し・・・
と言うことになります。

結論から言うと、私は許可してます。
コレはもう、作家の許容範囲の話に尽きると思いますが、
私は作品の修正についてゴタゴタするのが面倒なので修正については任せています。

作品作る以外に労力を割きたくない・・・

絵にこだわりがあって、自分の管理下でしか変更は許さない!って人は『許可しない』

めんどくさい人は『許可する』

で良いのではないでしょうか。

(しかし、初めて許可した時はめっちゃ怖かったな〜・・・マンガって絵が命なのに、そこに他人から手を加えられるって言うのは・・
実際、結構攻めた絵がばっちり修正されちゃったりしてました・・・)

専売にするかどうか

これも作家それぞれの生存戦略によると思いますが、
処女作は併売が良いのではないでしょうか。
各DL販売サイト毎に個性があって、それぞれでの売れ行きを比べることができるからです。

私は今まで併売にしてましたが、DLでは売れるけど、FANZAはあまり売れない・・・と言うことがわかったので、次作は専売で売れ行きが変わるか実験予定です。

注意点として、専売にしていたけど1ヶ月後には併売に変更も出来るので、専売にリスクは無いと言えます。

値段設定はどうするのか

これもめっちゃ悩みますね・・・
経験上、処女作って

『お金を払って読んでもらうだけで嬉しい!』
『少しても多くの人に読んでもらいたい』
『一部も売れなかったら傷つく・・・』


などなどの理由で

市場価格を大幅に下回る値段にしたり
大幅割引にしたり・・・


そんなことが頭を過ぎるかと思います


特に戦略がなければ

30P 〜40P 500円〜700円

で良いと思います。
これは私の体感的な同人マンガの市場価格です。
あなたの中に市場価格があるなら、そっちでも良いです。

ぶっちゃけ、いくらでも良いと思います。
同人ファンは、価格が購買の決定打ではないからです。

欲しければ高くても買う、
欲しくなければ安くても買わない、
が基本です。

作品審査・販売

登録が終われば、あとは運営者側が作品を審査し、販売を開始してくれます!
FANZAだと1日〜、DLsiteだと2日〜くらいです。繁忙期でもサクッとやってくれる印象がありますね。

あとは、売れ行きによってチャリン・チャリンと収益が発生します!(^^)

個人的には作品を読んだ評価やコメントがあるとテンション上がりますね・・・!

まとめ

自分の描いた漫画をDL販売するには

DL販売サイトに登録する

自分の作品を登録する

審査を経て販売開始!

でした!
こんなに気軽に自分の作品を発表できる場があるなんて、すごいチャンス!
興味があったらぜひぜひチャレンジしてみてください(^^)

ももかんでした!(ぺこり)